2016年7月24日

エクセルを使いこないたいならグラフの挿入も肝心!グラフでわかりやすく!

エクセルはグラフ作成機能も豊富

エクセルはデータを入力して、それらのデータを関数を用いて計算する機能に長けていますが、その他にグラフ作成機能も持っています。そのグラフ作成機能を利用すれば、数字を直感的に把握できるグラフにすることが出来ます。会議のデータとしてただ単純にデータだけを載せるよりも、グラフト一緒に載せたほうが訴求効果は良くなります。なので、エクセルをこれから使いこなしていきたいという方は、グラフの作成方法も勉強していきましょう。

グラフ作成アイコンをクリックするだけ

そして、エクセルでグラフ作成をしたいという時には、基本的にはグラフ作成アイコンをクリックするだけで出来ます。グラフ作成アイコンをクリックすると、グラフにしたいデータを洗濯する画面や、グラフのタイプなどを選ぶ画面が出てきます。後はその案内に従って必要なデータを選択していけば、グラフを作成することが可能です。簡単な棒グラフや折れ線グラフと言ったものなら、初心者の方でも数分で作れるので一度試してみましょう。

エクセルのグラフはリアルタイムで変化する

また、エクセルのグラフは、データ本体に手を加えたらそれがそのまま反映されるというのが魅力となっています。データに手を加えたら、再度グラフアイコンをクリックして、グラフを作成する手間が不必要なのです。さらにグラフの表示方法も細かく設定をすることが可能で、グラフの近くに数字データを表示させたり、グラフの色を変更したりすることが出来ます。エクセルを使いこなしたい人は、そんな細かい機能も学ぶと、より綺麗なグラフ作成が出来るようになります。

MOSとは、マイクロソフトオフィススペシャリストの略称で、マイクロソフト社認定の資格試験です。MOS講座は、その資格を取得するための講座です。世界中で通用する資格ですので、スキルアップにおすすめです。