2016年7月24日

なるほど!?ファンドの会社とはこんなことをするところ!

ファンドの会社とは?

ファンドの会社とは多くの顧客から資金を集めることにより、そのお金を使って資産運用を行っています。個人では難しい大口の取引になるので、動向が注目されています。やはり大きな資金を動かすことになるので、大きな利益をあげることができるでしょう。しかし、その一方で市場が急に動いたときなどは対応が遅れてしまい、大きな損失を出してしまうことも考えられるのではないしょうか。リスクとリターンのバランスをしっかりと見極めることが大切なのかもしれません。

ファンドラップの仕組みとは?

ファンドラップとはファンドの会社に投資を一任するサービスになります。一つの口座で服風の種類の資産運用サービスを受けることができ、富裕層向きのシステムと言えるでしょう。ファンドラップの仕組みとは、まずどのような戦略で資産運用を進めていくのかという提案をしてもらうことから始まります。そして、納得ができたのであれば投資一任契約を結ぶことになります。また、売買手数料などの手数料コストがかからない代わりに、資産に対してファンドの会社に報酬が支払われるようになります。

NISAって何だろう?

NISAとは非課税で取引をすることができる取引方法になります。通常、取引で利益を得た場合2割を税金として徴収されます。NISAはその税金を免除してもらうことができるのです。幅広い年代に利用が広がっています。じっくりと腰を据えて資産運用ができるという特性を持っているので、今まで資産運用未経験の人でも気軽に取り組むことができます。限度額も拡大してきていることから、今後ますます広がりを見せていくと予想されているでしょう。

取引結果を大きく出すことで、それだけ多くの年収を得ることができる可能性があるファンドの会社。実力がものをいう世界になります。