2016年7月26日

学生がバイトを選ぶ時には!ポイント3選?!

バイトの期間を見よう!

働こうと思っているバイト先の募集内容が、長期バイトか短期バイトかを確認すると良いです。短期間での募集のものは学生に向いていると言えます。長期休みの期間だけ働くことが出来たり、目的があって一定の金額を貯めるまで働きたい時に向いています。短期なら、その期間のみの予定を確認しておけば急に休んだり、バイト先に迷惑をかけることなく働けます。長期バイトの場合は卒業後の就職にもつながるため、長くその職場に居たいと考えている人におすすめです。

バイト先の場所は家の近くor学校の近く?!

家の近くにバイト先がある場合、終電や帰宅時間などを気にすることがないので長時間働くことが可能になります。また、学校が休みの日でも通勤に困りませんし、雨や風などで交通機関が使えない場合も徒歩などで通勤できるため、バイト先に休んで迷惑をかけてしまうことを防げます。学校の近くにバイト先がある場合、飲食店や雑貨屋の場合、友達に立ち寄ってもらうことかできるので店の売上に貢献することができます。また、授業と授業の空き時間がある時も、気軽に出勤することができるでしょう。

自分で出勤日を決められるところが良い?!

バイト先から勝手に出勤日を決めてしまわれると学校の授業や課題との両立が難しくなってしまうということが考えられます。また週2日や3日から好きな日に働けるというところなら体力に合わせて出勤することが出来ますが、中には週5からなどというところもあるので募集内容をしっかりと確認することが大切です。また、土日祝が休みなのかを確認しておくことで、体を休める時間にしたり、プライベートな用事や買い物なども行うことができるでしょう。

家庭教師のバイト代は、個別の指導が多く、高額の収入になります。生徒の家庭を訪問して、指導するのが基本です。