2016年10月23日

初任者研修の次のステップとして実務者研修の取得を目指しましょう!

初任者研修の次は実務者研修へ

介護系の資格の中で、実務者研修というものがありますが、それは初任者研修の次のステップとして知られています。初任者研修を終えた方は、次の実務者研修を受けてみましょう。受講に関しては特に要件は無く、誰でも受講することが出来ます。無資格でも受講は可能なのが、一般的な介護系の資格との違いです。それほ受講すると高齢者とのコミュニケーション技術を学べたり、高齢者の認知症の理解や障害についての理解を深めていくことが出来ます。

上級資格への切符にもなってくる

また、その実務者研修を修了した人は、取得後に3年以上の実務経験を積んでいくとさらに上級の介護福祉士と言った上級資格への受験が出来るようになります。初任者研修から始まり、実務者研修から介護福祉士というように段階的にステップアップ出来るので、介護業界で働く方はその取得を目指して行きましょう。ちなみに、どの程度の料金がかかるかというと、最近の格安講座なら二万円前後の価格で、講座を受講できるものがあります。

就職や転職の時にあると良い資格

さらに実務者研修修了者は就職や転職の時にも有利です。実務者研修修了者が居ると、事業所によっては介護報酬が減額されるペナルティが無くなったりして来るからです。また、実務者研修修了者の在籍人数などを公表すれば、事業所の信頼感も外部にアピールすることが出来ます。このように事業所にとっても、メリットがある資格ですので就職の時にもその資格が有利に働きやすいのです。介護系の業界へ就職したい方もその実務者研修資格の取得をしていきましょう。

実務者研修の取り組み方をマスターするにあたり、様々な経歴を持つ専門のスタッフから助言を受けることが肝心です。